全自動運転:これは技術ではなく信頼についてです。

global_contentrating_ratingtext
global_contentrating_ratingunavailable global_contentrating_ratingunavailable global_contentrating_ratingunavailable global_contentrating_ratingunavailable global_contentrating_ratingunavailable
global_contentrating_ratingvotes

当社では自動運転車の一番の課題が技術にあるとは考えていません。一番の課題は信頼にあります。この技術により可能となる安全性と信頼、そして体験に対する信頼です。– フォード(2018年)

フォードと同様、マイクロンでも自動車の未来の技術を可能にするための取り組みを行っています。当社にはそのための技術資源と技術、そして製造設備があります。自動車業界においてマイクロンを信頼に値する企業にしているものは、車載市場を支えてきた28年間の伝統と、OEM各社、ティア1ベンダー、チップセットベンダーとの現在まで続いている緊密な関わりです。この差は当社の工程管理、試験範囲、カスタマーサポート、そして当社の製品に自ずと現れています。

工程管理:車載アプリケーションのためのデバイスは、非常に厳しい工程管理の対象となります。ウェハについては業界の最も厳しい基準に準拠していることを保証する非常に厳しい基準を満たした場合にのみ、自動車に使用することができるようになっています。自動車のデータシートや厳しい基準に準拠していない材料は、自動車ラインから取り除かれます。

試験範囲:自動車用途のデバイスは、HTOL(高温耐用年数)などの追加の総合試験の対象にもなります。これは自動車ラインから不合格品をさらに除外するための、加速温度/電圧を採用した試験です。

カスタマーサポート:世界中の13か所のカスタマーラボで、4つの重要分野についてお客様をサポートし、低リスクでより速くマーケテイングを行います。この4つの分野には、設計支援サービス、システム/プラットフォーム検証サービス、適性判断サービス、不良分析アクティビティが含まれます。これらのサービスに含まれる内容の例としては、PCB解析とシミュレーション支援、システム性能試験とチューニング、電力・熱サイクリング解析、不具合が起こった場合の根本原因解析などがあります。

マイクロンは信頼されるアドバイザーとしての役割を全うし、車載市場への約束をお守りします。マイクロンの製品や工程は、基礎から設計することで、最も厳しい自動車要件を満たしています。そのため、自動車OEMがマイクロンを選んだ場合は、お客様に喜んでいただける自動車の提供という信頼を得ることができます。

+