UFSおよびNVMe™ ストレージスタックと組み込みシステムにおけるシステムレベル性能

RATE THIS STORY:
Rating Unavailable Rating Unavailable Rating Unavailable Rating Unavailable Rating Unavailable
VOTES SO FAR

NVMe graphic

組み込みストレージシステムは、この2年間で急速な革新を遂げています。多くの組み込みソリューションにおいてeMMCはこれまで主流のストレージでしたが、UFSやNVMeといった最近導入されたストレージ技術では、NAND技術の潜在速度の活用を可能にする優れたインターフェイス速度が提供されています。

組み込みシステムにおいて、ストレージソフトウェア(SW)スタックはユーザーレベル速度に多大な影響を与えます。UFSとNVMeでは、ストレージSWスタックが大きく異なります。UFSストレージスタックがSCSIスタックの上に築かれるのに対し、NVMeの場合はマネージドNANDデバイス専用に設計されたストレージスタックがあります。これはSCSIと比べてはるかに簡素化されており、ユーザーレベルでより高速のストレージが実現します。

マイクロンではUFSとNVMeのユーザーレベルのストレージ性能を比較し、その違いを定量化しています。測定や概算に基づく当社の結論は、より簡素化されたストレージSWスタックにより、NVMeのシステムレベルの速度は順次書き込みで28%向上、順次読み取りで15%向上、ランダム書き込みのIOPSは30%向上、ランダム読み込みのIOPSは16%向上というものです。NVMe固有のこのメリットは、より高速のストレージデバイスでさらに利点が生まれるものと期待されています。

UFSとNVMeのストレージスタックと組み込みシステムにおけるシステムレベル性能の比較については、ホワイトペーパーの完全版をお読みください。

+