ADASのカメラ要件 – メモリニーズのけん引

先進運転支援システム(ADAS)および自動運転車が主に実現するものの1つは、より優れたコンピューティング能力です。インテル社によると、自動車を周囲の変化に対応させるには、約1GB/秒のデータを充分な速度(車載OS内で1秒未満)で処理、保存、さらに分析する必要があります。

様々なADASテクノロジーは、現在運転者に影響を及ぼしている各種の問題を正すことができるでしょう。Bruce Franklin氏がブログで論じているように、自動運転には、感知、認知、作動するシステムが必要です。そして、そのためには処理能力とメモリが必要です。データ帯域幅とメモリに対するニーズを何が動かしているのか理解するために、ADASに採用されているフロントカメラシステムの要件を見ていきましょう。(これはADASのほんの一部に過ぎず、これに加えて自動ADASではさらに約6つのシステムが作動している場合があります。)

ADASのフロントカメラは、車がそれを処理して適切な行動をとれるように、車体前方の物体を捉えて距離とともに特定しなければなりません。現在の独立型カメラシステムでは、物体の検知と特定が可能な最長距離は画像センサーの解像度によります。ADASフロントカメラのインサイトに関するMihir Mody氏の記事によると、解像度1Mp(メガピクセル)のカメラを搭載した自動車は、34メートル先の歩行者を検知することができます。解像度8Mpのカメラによるシステムでは、101メートルも先の歩行者を検知することができます。

解像度8Mp、深度16ビット、フレームレート60fpsのフロントカメラをADASが採用していると仮定すると、そのデータレートはあっという間にほぼ1GB/秒に達します。このデータは、あらゆる極限温度下で、最大の信頼性によるライン速度で保存および処理されなければなりません。

自動車が動作する極限温度(高温、低温どちらも)と信頼性の要件を考慮すると、ここで採用するメモリソリューションは高い基準を満たしている必要があります。マイクロンは、これらの要件を満たすお手伝いをしています。マイクロンのイノベーションと車載メモリ要件の解決法について、詳しくは車載メモリソリューションのページをご覧ください。

+