マイクロンはCOVID-19に全力で立ち向かっています

このストーリーにいいねする
Rating Unavailable
いいねの数

私は先週マイクロンの本社があるボイシの地方紙であるIdaho Statesmanに短い意見記事を書き、新型コロナウイルス(以下COVID-19)のパンデミックに対するこれまでの当社の取り組みについて説明しました。マイクロンは、チームを守るために先見的な対策を講じ、マイクロンのビジネスのあらゆる力とリソースを投じて世界各地のコミュニティを支援しています。マイクロンは本日、COVID-19による甚大な影響を受けている人々を支援するために3,500万ドルを提供することを発表しました。

先週、以下に示す多くの取り組みが実施されましたが、その実現には、マイクロンのチームによる緊急のアクションが必要でした。彼らによる取り組みをご紹介することで、皆様がそれぞれお持ちのリソースを最大限に活用する方法についてよりクリエイティブに考えていただくきっかけになればと思い、このブログを書いています。マイクロンとパートナーシップを組むことで、さらに多くを達成できるとお考えの企業や組織の方がいらっしゃれば、ご遠慮なく当社にご連絡ください。

コミュニティの支援

  • 1,000万ドルのCOVID-19救済基金
    マイクロンは本日、パンデミックからの回復を支援するために、マイクロン財団を通して1,000万ドルの資金を提供することを発表しました。この資金は、経済回復を刺激し、フードバンク、医療施設、学校給食プログラム、およびオンライン学習リソースに必要なコミュニティリソースを供給するグローバルな取り組みを支援します。基金の最初の配分として50万ドルをシリコンバレーコミュニティ財団に寄付し、Second Harvest Food Bankのパートナーやサンノゼの住民を支援します。
  • COVID-19チャリティキャンペーンに対する会社拠出金
    マイクロンのチームメンバーは、時間と資金の両面の寄付において非常に寛容です。マイクロンは通常、チームメンバー一人ひとりの寛容さに合わせて、年間2,000ドルまで1対1で慈善寄付を増額してまいす。今回の大きなニーズに対応するために、マイクロンはCOVID-19と戦う地元のコミュニティを支援する主な慈善団体への寄付を2対1に倍増します。これまでのところ、チームから素晴らしい反応があり、米国、中国、およびイタリアのコミュニティに12万ドルの寄付が集まりました。
  • 個人用保護具の寄贈
    マイクロンは、地元病院や試験センターに個人用保護具とヘルススキャンシステムを寄贈しました。マイクロンは、30万個の防護マスクを提供し、引き続き当社のサプライチェーン機能を活用して支援の機会を模索します。
  • 病院オーバーフロー時の施設提供
    地元の医療施設が満杯になった場合、または患者の病期分類や隔離のための施設が必要になった場合、マイクロンは地元の病院をサポートするために当社の不動産物件の提供を申し出ました。

当社のパートナーへのサポート

  • 小規模企業への支払いの迅速化
    小規模企業は、パンデミックの経済的打撃により甚大な影響を受けています。マイクロンは、パートナーがこの期間に必要なキャッシュフローを確保できるように、500以上の当社の小規模企業への支払いを迅速化しています。
  • 医療機器の製品販売の迅速化
    マイクロンのチームは、すべての医療システム向け製品の出荷に緊急の優先度を付けています

マイクロンのチームメンバーへのサポート

  • マイクロンのチームへのCOVID-19支援金
    マイクロンは、多くのチームメンバーがパンデミックによって発生する臨時の出費と苦難を乗り越えられるように、4月に一時払いを実施します。米国では、年収100,000ドル未満のチームメンバーに1,000ドルを支給し、マイクロンが事業を展開するすべての国のチームメンバーにも地域に応じた同程度の金額を支給します。マイクロンのチームの2/3以上がこの支払いを受け取ることになります。
  • チームメンバー救済基金
    マイクロンは、大変な苦難の状況をさらに救済するためにチームメンバーが利用できる基金を設立しています。この基金は、必要性に応じて従業員あたり5,000ドルまで提供されます。マイクロンのチームメンバーは、この基金に寄付して同僚を直接支援できます。 マイクロンのすべての支援ができる限り有効になるように、COVID-19コミュニティ支援タスクフォースの指揮を最高事業責任者サミット・サダナに依頼して世界各地への対応を調整することにしました。

支援のためにできること

状況を選択することはできませんが、行動を選択することはできます。今回のような空前の困難な時期に、マイクロンは、企業として、チームメンバー、資産、創造性を最大限に活用して人類を助けるための行動を起こす必要があると強く確信しています。

ビジネスやコミュニティのリーダーには、このような発想が必要であると考えます。皆様ができる最善のことは何ですか?、皆様のスキルをどのように支援に生かすことができますか? 決断力を発揮して迅速に行動してください。各地のコミュニティが皆様を必要としています。

個人としての皆様もまた、重要な役割を担っています。ご自身のネットワークと連絡を取り、何か必要なものはないか確認してください。最善の努力をしているコミュニティの救済への取り組みに貢献してください。各自で支援できる方法を探し、状況を確認できる近隣の経験者に連絡してください。何よりもまず、コロナウイルスの拡大を鈍化させるためのガイドラインに従ってください。私たちは、個人よりコミュニティのニーズを優先して協力する必要があります。

今は、グローバルなコミュニティとして私たちが団結する能力が試される歴史的な時期です。私たちのリソースを集結させ、出来る限りの思いやりを持ち、世界に効果的な貢献をしましょう。

+
+