モバイルデバイスの未来がメモリに依存する理由

このストーリーにいいねする
Rating Unavailable
いいねの数

モバイルデバイスの未来がメモリに依存する理由

執筆:ラジ・タルーリ

現在世界で起きていることを考えてみると、多くの人々が、自分のコミュニティや広くは世界全体とのつながりを維持するために、かつてないほどモバイルデバイスに依存しています。特に「新しい生活様式」として自粛生活を続ける中で、記録を残したり誰かとつながったりするのにスマートフォンのカメラが活躍しています。しかし、かつて携帯電話にカメラが搭載されていなかった時代があったのを覚えていますか?

最高のカメラとは

ずいぶん前のことですが、私は当時のことをはっきりと覚えています。私はこれまで、テクノロジーの分野、特にモバイルデバイスの設計に関わる分野に携わってきました。Texas Instruments社で初期のデジタルカメラの技術開発に関わっていたころ、当時の上司と、カメラ付きの携帯電話の需要はあるだろうかと議論したことを覚えています。その後、Qualcomm社にいたときにも、焦点や露出などが自動調整され、シャッターを押すだけですむ当時最新のデジタルカメラに、スマートフォンのカメラが太刀打ちできるのかと、同様の議論をしていました。スマートフォンのカメラが日常的に使われるようになるなど、端末製造OEM企業でさえ信じていませんでした。当時、いつも聞かれていた質問は「最高のカメラとは?」私の答えはいつも同じでした。「あなたが今手元に持っているカメラです。」スマートフォンがカメラとして日常的に使われるようになるというのは、至極当然のことと思っていました。

今では、スマートフォンをアップグレードする大きな理由の1つがカメラです。この先5年で、現在のスマートフォンは全くの別物になり、その変化はカメラから始まります。5Gの新機種には、カメラが5つ搭載されたものや8K録画に対応しているものも出てくるでしょう。将来は、スマートフォンの背面全体がカメラになっているかもしれません。

ここまでの重要ポイント: 今やスマートフォンは、かつてないほど最も重要なコンシューマーデバイスになっています。

スマートフォンへのカメラ搭載を実現したもの

お気付きでない方もいらっしゃるかもしれませんが、画像を作成するにも、指先でデバイスの人工知能(AI)や機械学習を動作させるにも、それを可能にする処理能力が必要です。たとえば、モバイルデバイスのカメラは「撮影しているのは人物か。顔はどこにあるか。太陽は出ているか」と常に解析をしています。なかには、複数枚撮影した後、その中からベストショットと判断した1枚を選び出すカメラさえあります。

5Gの時代になれば、処理能力を使用する場面はもっと増えます。最近登場した折りたたみ可能なスマートフォンでは画面がさらに大きくなり、ノートパソコンを使うときのように、スマートフォンで複数のウィンドウを開いて複数のアプリが同時に利用されるようになるでしょう。そうすると、各ウィンドウに専用の帯域幅、つまり複数のアプリを処理できるプロセッサーが必要になります。このデータ処理を実行するためには、プロセッサーの近くに高速・高帯域幅のメモリが必要です。これがないと、処理能力は大幅に低下します。

市場に投入され始めた5Gスマートフォンは、途方もない量のデータ処理能力と、従来よりもさらに増大したメモリとストレージ容量を誇ります。最新機種にはヘテロジニアス・マルチコアプロセッサーを複数搭載するものまであり、なかには、3GHz以上、DRAM 16GB、ストレージ1TBに及ぶものもあります。プロセッサーの処理速度が向上するたびに、デバイスメーカーは低電力・低レイテンシー・高性能のメモリとストレージを求め始めます。この動きこそ技術革新の原動力であり、そこにこそマイクロンが活躍する場があります。次にどのようなものが登場しても、それを動かせるだけの幅広いポートフォリオの製品・技術があるからです。

マイクロン製品がスマートフォンの未来をどのようにパワーアップするか

先日発表されたXiaomi Mi 10は、マイクロンのLPDDR5を採用しています。LPDDR5は世界初の量産型低電力DDR5 DRAMで、これにより5Gスマートフォンは、複数の高解像度カメラ、マルチプレイヤーゲーム、ARVRアプリケーションなどをサポートするのに欠かせない、超低レイテンシー・低電力モードでの動作が可能になります。

マイクロンがモバイルの未来を支えるイノベーションを推進しているのは、この分野だけではありません。メモリとストレージだけでなく、プロセッサーにも注目しています。当社の現行製品では、データ処理を行うプロセッサーとメモリは互いに別のものと捉えられています。しかし、私は、人間の脳の情報処理領域と記憶領域を区別するのは難しいという生物学上の知見からヒントを得ました。

当社は、テクノロジーの分野でもやがて同様のことが起きると予測しています。メモリ、つまりDRAMは、超低レイテンシーかつ超高速を実現していますが、永続性がなく高コストでもあります。一方NANDは、DRAMより速度が遅くレイテンシーも大きくなります。そこで、その中間のものはないかと考えました。高性能なDRAMの特性を色濃く残しながら、NANDのように持続性をもつものはないだろうか。このようにメモリとストレージの境界線があいまいになれば、市場はさらに発展していくでしょう。

もう1つ、私が今後定着するトレンドと見ているのは、ユーザーに合わせたモバイルデバイスのコンテキスト化です。デバイスの使い方は、人それぞれ違います。デバイスはよりスマートになるにつれ、誰が使っているのかを認識し、そのユーザーのコンテキストに適応するようになります。みなさんのブラウジング、画面表示、移動手段は私とは違いますから、みなさんのデバイスは私のものとは全く違う挙動を示すでしょう。デバイスがユーザーについてどんなことを学習し、ユーザーに合わせて何ができるのか、その可能性は、AIと機械学習によって広がり続けていきます。コンテキスト化はこれから数年でもう一段階レベルが上がるでしょう。デバイスは完全にユーザーを認識し、ユーザーのニーズに合わせ、ユーザー好みにカスタマイズされたものになります。

これがモバイルデバイスの向かう先です。Wiredの最近の記事では、もっとも価値のあるデータは、スマートフォンやウェアラブルセンサーにより、ますますポータブルでパーソナルなものになっている、との指摘がありました。企業に「数ヨタバイト(1024乗バイト)のデータをもたらす」データマイニングのゴールドラッシュだとも述べられています。

次世代のモバイルデバイスは、これからも、私たちの仕事をよりスマートにし、エンターテインメントの可能性を広げ、革新的な新しい方法で私たちを世界とつなげてくれるでしょう。マイクロンの私のチームが注力している仕事は、このようなトレンドを予測しながら、そのトレンドを定量化してメモリ・ストレージ製品に取り入れ、その製品を通して皆がつながっていられる未来を支える方法を考えることなのです。

+
+