マイクロンの DDR5 テクノロジー・イネーブルメント・プログラム(TEP)がエコシステムを強化

このストーリーにいいねする
Rating Unavailable
いいねの数

マイクロンがDDR5の導入拡大に向けたエコシステム強化を目的に昨年7月に発表したDDR5 テクノロジー・イネーブルメント・プログラム (TEP) のメンバー企業が、これまでの100社から250社超に拡大しました。エコシステムとIPイネーブルメント、システム統合とアーキテクチャ、CPUとASICの設計の各分野のリーダー企業が、DDR5へのスムーズで確実な移行に取り組んでいます。

テクノロジー業界は今、次世代コンピューティングの大きな変革を進め、その実現が目前に迫ろうとしていますが、私たちは自分たちこそ、その最前線にいると感じることが多々あります。世界中で生成されている膨大な量のデータから価値とインサイトを引き出すためには、この変革にさらなる処理能力はもちろん、高度なメモリが必要となるのは間違いありません。

JEDECは、前世代のSDRAMよりも帯域幅の拡大と大幅な改良を求めるニーズに応え、2020年7月に第 5 世代ダブル・データ・レート (DDR5) SDRAM の標準規格を公開しました。DDR5は、技術的にこれまでで最も高度なDRAMであり、4800MT/sのデータ転送速度でメモリ性能を85%以上向上させ、次世代のサーバー・ワークロードを実現します。DDR5は、DDR4と比較して2倍を超えるデータ転送速度と有効帯域幅を実現し、前年を上回るコンピューティング性能の達成に不可欠なCPUコア数の拡大を後方支援しています。

メモリ・テクノロジーが生み出すチャンスと懸念

メモリ・テクノロジーは今、大きな転換期を迎え、導入企業、開発者は新しい機能の導入に際して、さまざまな懸念や課題に直面しています。発熱量はどのように比較するべきか? 設計者はどうすればシミュレーション用の機能モデルにアクセスできるのか? 技術的な相違点で考慮すべき重要ポイントは何なのか? DDR5はDDR4とまったく異なるため、アーキテクトと設計者は、DDR5の採用や導入について、従来とは異なる考え方が必要だと認識しています。

ここにそのいくつかの例を示します。

  • 効率と安定性の向上のため、DDR5モジュールでは、電源管理集積回路 (PMIC) でローカル電圧調整を実行します。従来、これはマザーボード上で行われてきました。
  • DDR5モジュールは、バースト長16に拡張されたDIMM当たり2つの独立した40ビット・チャネルを使用しますが、DDR4ではDIMM当たり72 ビット・チャネルが1つのみで、バースト長も8です。
  • DDR5モジュールには、DIMM上の独立した各チャネルに個別のクロックとアドレスリソースを供給するレジスタード・クロック・ドライバー (RCD) が搭載されています。
  • DDR5では判定帰還型等化器 (DFE) を用いて、高速データ転送での符号間干渉 (ISI) の影響を軽減しています。
  • DDR5には、バンクグループごとに1つのバンクをターゲットにし、パフォーマンスのさらなる向上を図るREFsbと呼ばれる改良されたリフレッシュ・スキームが組み込まれています。

Image of Zoom call

弊社のレベッカ・レウィングトン (Rebecca Lewington) と 共に出演したポッドキャストはこちらからご覧いただけます:「Why Micron DDR5 DRAM Is More than a Leap in Raw Bandwidth」(対応言語:英語)

DDR5のコラボレーションを目指すマイクロン独自のエコシステムが急速に拡大

マイクロンは、データセンターの顧客にDDR5を最初にサンプル出荷した企業の1社ですが、そこに大きなニーズがあることに気付きました。「マイクロンはDDR5仕様の主要開発企業として、DDR5標準規格開発の早期段階でビジネスチャンスを見出しました。マイクロンはこのような理由から、エコシステム全体での DDR5プラットフォームの統合と最適化の準備を目指し、DDR5 TEPを立ち上げました」とマイクロン CEO、サンジェイ・メロートラ (Sanjay Mehrotra) は述べています。

Cadence、Montage、Rambus、Renesas、Synopsysなど一部のエコシステム・パートナーと共に1年前に発表したマイクロン DDR5 テクノロジー・イネーブルメント・プログラム (TEP) は、この種のプログラムとして業界初で唯一のものです。100社ほどだったメンバー企業は、現在では250社を超えるまでに拡大しました。エコシステムと IP イネーブルメント、システム統合、システム・アーキテクチャー、CPUやASICの設計など各分野の多くのリーダー企業が参加し、DDR5へのスムーズで確実な移行の実現に取り組んでいます。

このエコシステムの特長として、マイクロン DDR5 TEPの「ワンストップ・ショップ」を積極的にサポートできる仕組みがあり、開発者と導入企業は重要なあらゆる技術コンテンツをすぐに利用できます。マイクロンでは、技術情報、サポート、電気モデル、熱モデルへの早期アクセスを提供するほか、このプログラムを通じてDDR5サンプル製品をシード提供し、業界でのコンピューティング・プラットフォームの設計、開発、成長を支援しています。

DDR5 TEPが促進する次世代製品の発見と開発

ハイパースケールの大規模サーバーを運用する企業やPC アプリケーションではすでにDDR5の統合が始まっていますが、DDR4を使用している大半のワークロード向けでは順次、DDR5への移行が進むと見込まれています。ただし、これらの新しいシステムは突然、現れるものではありません。DDR5メモリへの期待は大きく、だからこそマイクロンはパートナーがエコシステムのコラボレーションを活用して設計と統合の課題を効率的に解決できるようにTEPを立ち上げました。

また、DDR5テクノロジーが成熟し、TEPメンバーが増えるにつれ、TEPに対するニーズがどのように変化していくのか、そしてマイクロンが新しい情報をどう提供していくのかという点も、関心事だと思います。このようにDDR5 メモリへの移行が進む中、TEPメンバー各社も関心対象やメモリ要件が変化していくでしょう。

Image of TEP resources on Micron.com

TEPログインページ。DDR5のパフォーマンスをエコシステムに提供

TEP は、DDR5 の設計とドキュメントがすべて揃ったワンストップ・ショップ

マイクロンは、このシステムメモリの躍進に積極的に取り組んでいます。パートナーのシステムやプラットフォームでのDDR5統合に関する資料に簡単にアクセスできるようにしました。メンバーは、プログラムでのメンバーシップが承認されると、次のようなサポートを受けることができます。

  • 製品開発とプラットフォームの立ち上げに必要なデータシート、熱モデル、機能シミュレーション・モデルなどの技術リソース
  • DDR5コンポーネントとモジュールの厳選サンプル (提供可能になり次第)
  • DDR5対応プラットフォームの設計と構築を支援する他のエコシステム・パートナーとの連携
  • テクニカルサポートとトレーニング用資料

DDR5 DRAM標準規格の普及、この新しい高性能メモリに対する重要性と革新性への認識、マイクロン DDR5 TEP エコシステムの急速な拡大からも、今後、素晴らしいことが待ち受けていると期待はやみません。マイクロンは、来るべき革新の中で皆様が独自のポジションを確立できるよう支援します。

DDR5搭載製品の市場投入やDDR5対応プラットフォームの評価に関心のある方はマイクロン DDR5 TEP メンバーシップにご登録ください。

筆者経歴

ブライアン・ドレイク (Brian Drake)は 、16年に及ぶDRAMの専門知識・技術を活かして、ハイパースケーラー向けDDR5ソリューションの実現に注力したデータセンター部門の戦略開発を率いています。直近の6年間は、製品エンジニアリング部門でDRAM製品の開発、有効化、保守を担当するチームのリーダーとして、またチームのメンバーとして実務に関わっていました。マイクロン入社前の4年間は、InfineonとQimondaでDRAMテスト・プログラム・エンジニアを務めていました。

Brian Bradford

ブライアン・ドレイク

ブライアン・ドレイク (Brian Drake)は 、16年に及ぶDRAMの専門知識・技術を活かして、ハイパースケーラー向けDDR5ソリューションの実現に注力したデータセンター部門の戦略開発を率いています。直近の6年間は、製品エンジニアリング部門でDRAM製品の開発、有効化、保守を担当するチームのリーダーとして、またチームのメンバーとして実務に関わっていました。マイクロン入社前の4年間は、InfineonとQimondaでDRAMテスト・プログラム・エンジニアを務めていました。
+
+