Intelligence Accelerated Logo

マイクロンの広島サイトにて新棟完成を祝うセレモニーを開催

global_contentrating_ratingtext
global_contentrating_ratingunavailable global_contentrating_ratingunavailable global_contentrating_ratingunavailable global_contentrating_ratingunavailable global_contentrating_ratingunavailable
global_contentrating_ratingvotes

2019年6月11日、当社広島工場(広島県東広島市)で、湯﨑広島県知事、高垣東広島市長をはじめ、たくさんのお客様をお招きし、「先端技術DRAMセンター・オブ・エクセレンス」の拡張に伴う新棟完成を祝いました。主催者挨拶の中で、サンジェイ・メロートラ(マイクロン プレジデント兼CEO)は、今日にいたるまで施設の建設にご協力いただいた皆さまに感謝の意を表しました。

Hiroshima 1

Hiroshima 2

セレモニーで行われた鏡開きでは、広島で長い歴史と伝統を誇る「賀茂鶴酒造株式会社(本社:東広島市西条本町)」の薦樽が使われ、広島とマイクロンのさらなる発展を祈願しました。

わたしたちの日本の拠点は、スマートフォンやその他のモバイルデバイスに不可欠な、低消費電力DRAMポートフォリオの開発と立ち上げにおいて重要な役割を担っています。技術開発、製品エンジニアリング、製造、品質部門などの機能を、広島を中心により効率的に機能させ、日本におけるプレゼンスを高めていきます。今回の拡張でクリーンルームスペースを増やすことにより、広島サイトのウェハ生産能力を維持したまま、この数年のうちに複数の次世代DRAMへと移行することが可能になります。さらに、この強化された施設を活用し、グローバル戦略のロードマップ実践のための技術開発を加速させる計画です。

マイクロンは、最先端のメモリ技術に携わる世界の優秀な人材を集結するとともに、効率的かつコスト競争力に優れたサプライチェーンを維持できるよう世界中に拠点を置き、多角的な展開を行っています。広島サイトを含む、わたしたちのコミュニティを支えるグローバル展開の成功を維持するためには、持続可能な生産の仕組みを構築・維持し続けること、そして従業員の仕事と生活拠点であるコミュニティの支援に取り組むことが重要です。また、お客様や主要サプライヤーの皆さまとの協業を強固にしていくことで、これからもリーダーシップを持ちながら、半導体およびメモリ業界を牽引してゆきます。

Hiroshima 3

Hiroshima 6

Hiroshima 7

Hiroshima 5  Hiroshima 4

Micron日本のFacebookページ上では、当日のセレモニーの様子を併せてご覧いただけます。 より詳しい情報はプレスリリースをご覧ください。

プレスリリース

広島新棟オープニングセレモニー発表内容

+