マイクロン、DRAM テクノロジーの中核を担う拠点 「先端技術 DRAM センター・オブ・エクセレンス」を日本で拡張

最先端 DRAM での存在感を高めるとともに日本のエコシステムを支援。

 

広島(日本)、2019年6月11日 - マイクロンテクノロジー社(Nasdaq:MU)は本日、DRAMテクノロジー の中核拠点である「マイクロン先端技術DRAMセンター・オブ・エクセレンス」の拡張を祝うグランドオー プニングを行いました。クリーンルームの増床とともに、技術開発、製品エンジニアリング、製造、品質 部門などの機能を、広島を中心により効率的に機能させ、このセンター・オブ・エクセレンスは日本にお ける当社のプレゼンスを強化します。最新の施設は、マイクロンがお客様の最先端DRAMに対する高 度で複雑な要求を満たすにつれて、最先端技術を大規模に展開する際に各部門間でのより大きなコラ ボレーションや効率性を促進します。

プレスリリース

 Hiroshima Media Kit 1 Hiroshima Media Kit 2 
 【マイクロン広島先端技術DRAMセンターオブエクセレンス】
最先端装置にセットされるシリコンウエハー搬送ボックス
 【マイクロン広島先端技術DRAMセンターオブエクセレンス】
全自動ロボットで処理される加工中のウエハー
 Hiroshima Media Kit 3  Hiroshima Media Kit 4
 【マイクロン広島先端技術DRAMセンターオブエクセレンス】
全自動で最先端装置間を移動する搬送装置
 【マイクロン広島先端技術DRAMセンターオブエクセレンス】
生産を開始した新棟のクリーンルーム内部
+