インテリジェンス・オブ・ザ・エッジ

スマートフォンがコネクティッド・カーの個人カスタマイズをいかに促進しているのか

私たちの多くにとって、スマートフォンは私たちのライフラインであり、通信、娯楽、ニュース、ショッピングへのアクセスを常に可能にしてくれるものです。私たちが毎日使うデジタル機器の中でも群を抜いてお気に入りの機器であると言えるでしょう。スマートフォンは、時計やスピーカー、家庭のセキュリティシステムから車まで、全てのものを繋いでくれるハブです。また、私たちが使うスマートフォンは高度に個人カスタマイズされています。連絡先、ユーザー設定、そして、ユーザー専用の体験をもたらしてくれるカスタマイズされたデータなど、何ギガバイトものデータが保存されています。スマートフォンをこんなにも強力なものにしているのは、正にこの高い普及率と個人カスタマイズの組み合わせなのです。

これら全てのカスタマイズがスマートフォンで既に利用可能なのに、車内での体験がさらに変わるとは、どういうことなのでしょう?自動車メーカーは、個人カスタマイズのアイデアを何年もの間、あたためてきました。BMWが2004年にAppleのiPodの接続機能を導入して以来、各自動車メーカーが、車内の「スマートフォン体験」の個人カスタマイズ化に努めてきました。時は2018年まで進み、全ての新しい車にはスマートフォンの統合による車内接続が完備されるようになりました(Ford Sync、BMWのiDrive、Apple CarPlay、Android Autoなど)。

個人カスタマイズ:娯楽以上のものを可能にする

スマートフォンが自動車技術に与えてくれるものは、個人カスタマイズに加え、娯楽の域をはるかに超えた豊富な機能です。想像してみてください。レンタカーに乗って、スマートフォンとの簡単なデータ同期化が済めば、座席の位置、冷暖房の設定、地図や住所の登録、電話の連絡先、頻繁に使う目的地情報、お薦めのレストランといったあなたの好みが全て反映されているのを。一瞬にして、レンタカーがあなた専用の設定に切り替わるのです。

そして、もちろん、リアルタイムのデータが車に流れることで、駐車場をすぐに見つけるなどの利便性が加わる可能性も備えています。駐車場検索アプリは既に多数存在しますが、これらの機能が車のナビゲーションシステムにより密接に統合され、一番近くの駐車場に関しリアルタイムの推奨情報と行き方が表示されるようになります。

また、個人カスタマイズされたスマートフォンのデータにより、交通安全にも貢献することができます。特注アプリの場合、スマートフォンのセンサー、計算、通信機能を利用して人為的運転の質を正確に測定します。これらのアプリは、加速度計やGPSの計測値を使ってブレーキ、コーナリング、加速、または速度制限への準拠といった要因に基づく運転スコアを提供します。「運転スコア」の割当てにより、より良い運転挙動が刺激されるだけでなく、保険会社が保険をよりカスタマイズして、優良な運転手には恩恵を与える際にも利用されています。

Smartphone

車、そしてモバイル機器に、より良いメモリ技術を装備する

多くの機能は既に揃っていますが、一部の機能はまさに今誕生しつつあります。本物のコネクティッド・カーの個人カスタマイズには、車の内部プラットフォームとスマートフォンのアプリケーション間でより緊密な連携が必要となります。さらに、車両に関らずユーザー体験が同じものになるよう、データを解釈する標準化された方法を見出す必要があります。

この高度な統合と機能を実現するには、メモリが、最も重要な要素の一つであることを、メーカーは理解しています。

メモリは、先進運転支援システム(ADAS)、ヘッドアップディスプレイ(HUD)、ダッシュボード計装化、ナビゲーション、インフォテインメント、パワートレインを含め、車のエレクトロニクスシステムのほとんどの基本的なコード、データ、パラメータを提供しています。

スマートフォンのメモリサブシステムも、進化する必要があります。ソフトウェアの開発者たちがより豊富で個人カスタマイズされた体験水準を上げるのに伴い、モバイル機器もまた、その豊富なアプリが作り出す数々のデータを扱えなければなりません。車がスマートフォンの様々なアプリや個人カスタマイズされた一連のデータにアクセスしている最中、モバイル機器の方は常に、「ファイルをキャッシュに格納」し、メモリへの読み込み/書き込みを行っているのです。このシナリオには、メモリサイズの増大と貯蔵性能の向上の両方が必要になります。

マイクロンは、車とスマートフォンの技術最適化のためのソリューションと専門知識の両方の提供において、他にはない立場にあります。当社は、品質、信頼性、温度の3つの固有の条件を満たす、高性能のDRAMと不揮発性フラッシュメモリを多様に取り揃えています。しかし、もっと大切なことには、時に最も困難を極める課題の解決するため、専用のアーキテクチャチームを通してハンズオンのサポートを提供しています。

近い将来、コネクティッド・カーの個人カスタマイズにおいて新たな機会が生まれていきます。処理能力が現行の4G LTEネットワークの20倍の速さになる、今度発表される5Gのセルラーネットワークでは、モバイル機器と自動車空間の両方において多くのことが約束されています。このような超高速化により、スマートフォンと車の間でより多くのデータが移動するようになれば、より高速のメモリと高性能のストレージに対するニーズもますます高まります。LPDDR4xUFS 3.0GDDR6QLC NAND Flashを含め、マイクロンは、これら高度なメモリ技術に関わる未来の課題の解決にあたり、良い立ち位置にあります。

自動車とスマートフォン技術の両方について、イノベーションが止まっていないのは明らかです。完全な自動化運転が現実のものとなり、スマートフォンのカメラがより高解像度のものになり、マルチメディアがより豊富になり、さらに、車のセンサーや加速度計の量が増すのは、確実です。これらの理由から、未来の運転体験を可能にするため、今後も引き続き、より良く、高速で、洗練されたメモリとストレージサブシステムの採用を続けることが重要です。

+