データの速度

Eスポーツブームはメモリブーム

Blizzardの「スタークラフト2」に登場する小さな4本足のエイリアンの軍勢、うごめく大量のザーグをスポーンし、祭りの中へと送り出した、Sasha “Scarlett” Hostynは、国際トーナメントでプレミアを勝ち取った初の女性Eスポーツプレイヤーとして歴史を飾りました。

インテルは、2018年2月の冬季オリンピックの直前に、平昌でIntel Extreme Mastersトーナメントを開催しました。このトーナメントは、厳密にはオリンピックの一環ではなかったものの、その存在そのものが、成長を続けるゲーミング産業におけるEスポーツの状況、そして、高性能のゲームを実行し今回のような世界トーナメントをストリーミングするのに必要なメモリについて物語っています。

産業が成長するに従い、よりグラフィックに集中したゲームを誇示し、より高速のコンピュータを用いるためのメモリは、その形態に関らず、マイクロンの限界を超えるイニチアチブから生じるようになるでしょう。

esports

Eスポーツブーム

ゲーミング、Eスポーツ、モバイル産業のマーケットインテリジェンス企業であるNewzooの調査によると、Eスポーツの視聴率は着実に伸びています。2012年、視聴者は、Eスポーツのストリーミングやトーナメントの視聴に12億時間を費やしています。2014年までに、この時間は37億時間に伸びました。最も人気のビデオゲームストリーミングサイトの1つ、Twitchでは、ファンは毎月160億分をEスポーツ視聴に費やしています。

esports infographic 1

事実、2017年、6000万人の人々が、リーグ・オブ・レジェンドWorld Championshipを世界中のプラットフォームから視聴しました。2016年の総視聴者数4300万人から40%近くの増加です。これに対し、2017年のNBAファイナルを視聴したのは2450万人で、2017年ワールドシリーズ第7戦の視聴者は2820万人でした。さらに、Eスポーツにはまだ、2017年に1億1190万人の視聴者を誇ったスーパーボウルという巨大な壁が残っています。

Eスポーツにおいて巨大なのは視聴者数だけではなく、これに関連して動くお金も巨大です。「Dota 2®」2017年トーナメントでは、 合計2400万ドルを超える賞金額となりましたが、これは2017年のEスポーツ総収益である15億ドルという額のほんの一部で、既に従来のスポーツトーナメントの多くを打ち破っています。

タワーの裏側を覗く

このEスポーツの波の中心となっているのが、ゲーミングコンピュータです。Eスポーツのプロ志願者からTwitchの熱烈なファンまで、全てのゲーマーの目標は、ゲーム最適化されたコンピュータです。各ゲーム機にはたくさんのコンポーネントが含まれていて、その多くに高性能のメモリソリューションが求められます。最も一般的に使用されるゲーム機は今でもデスクトップPCですが、その高い値段にもかかわらずラップトップPCでもゲームに対する最適化が進んでいます。

「マイクロンは本当に多くのゲーミングを支えています」と、マイクロンのブランドのマーケティングも担当している、マイクロンのGamingとEsportsマーケティングマネージャーのPatrick Soulliere 2世氏は述べています。「メモリの需要が増すにつれ、この市場におけるマイクロンの展望は信じられないほど明るくなります。」

Soulliere氏によれば、適切なゲームのセットアップには主に7つのコンポーネント、強力なCPU、高品質なマザーボード、十分な容量と速度のDRAM(理想は16ギガバイト)、信頼性のあるグラフィックスカード、少なくともオペレーティングシステムと複数のゲーム用のSSD、十分な電源、カスタムケースがあります。メモリは高性能グラフィックスカードの主要部品であり、マイクロンはGDDR5とGDDR6を供給し、ゲーミングの質とスピードを前進させることに役立っています。

ラップトップPCについて来たマイクロン製DRAMでも、自分で一からシステムを作りタワーのカラースキームに合ったLEDのBallistix Tactical Tracerを必要としていた場合でも、DRAMは、質の高いゲーミング性能には欠かせない存在です。Soulliere氏は、高品質DRAMについて、「途切れ途切れのゲームなのか、安定した60FPSで途切れの無いスムーズなゲームなのか、それほどの違いを生み出すもの」と説明しています。

そして、結局のところは、コンピュータを即座に起動してプレイヤーを瞬時にゲームの中へと送り込むことのできるSSDが無くては、どれも無価値になります。リーグ・オブ・レジェンドの最中にパワーを失えば、ゲーマーはできるだけ早くそのリフトに戻らなければなりません。ゲーマーには、待っているチームメイトがいて、そのチャンピオンはおそらく基地へと退去しているでしょう。SSDがあれば、Windowsをより速く起動し、ゲームにもより早く復活できます。

esports infographic 2

TwitchとYouTubeストリーミングの裏側

ゲーマー1人のデスクトップからトーナメントへと舞台も変われば、質の高いメモリソリューションのニーズも高まります。過去にライブトーナメントに携わったことのあるSoulliere氏は、ある程度のイベントであれば、約40人がそれぞれでコンピュータなり、TriCasterなり、その他のライブストリーミング機器を実行することになると述べています。この操作だけでも、何百ギガバイトものメモリが必要となり、これに加えて、ミニオンからゴールドを集めたり、ザーグの群れに対しオーバーロードをスポーンしたりするプレイヤー、あるいはそのチームがいるわけです。

「誰でもDRAMは必要です。たとえそれが、ボタンを押すプレイヤーであっても、プレビュー画面から視聴するコメンテーターであっても、どの画面に切り替えるかを指示するプロダクションの人間であってもです。」と、Soulliere氏は述べています。「運転するには、部品が全部そろっていなければなりません。」

「Eスポーツのトーナメントでは、ほとんどのプレイヤーが、ゲームの設定を保管し、自分のメモリ割り当てを確保するための、取外し可能のSSDを持っています。」ショーランナーがステージ上でチームを交代させる際、これがその工程を断然早いものにします。

「よくよく見てみれば、使用されているのは、ほとんどがCrucial SSDです」とSoulliere氏は述べています。「我々は、トーナメントやプレイヤーのスポンサーになったわけでもなければ、SSDを無料配布したわけでもありません。参加者がただ「一番お薦めのSSDはどれか」と聞き、Crucialを推奨されただけなのです。」

しかし、インテルによる平昌冬季オリンピック直前のトーナメントや2017年11月に開催されたリーグ・オブ・レジェンドWorld Championshipといった、膨大な規模のトーナメントとなると、これらのメモリ条件は高くなる一方です。

Eスポーツとゲーミングはより優れたメモリを必要とする

ゲーミングが進歩するにつれ、「VRChat®」や「Ace Combat®」といったゲームでバーチャルリアリティー(VR)を掘り下げるうえでも、一部の企業は路傍に逸れている、あるいはSoulliere氏曰く「限界を感じている」といいます。これらの企業は、従来のハードドライブを使うゲーマーをターゲットにしていますが、それは、業界が向かっている方角とは全く違います。

「秘密は既に分かっています」とSoulliere氏は述べています。「SSDは進んでいるのです。」

マイクロンの焦点はゲーマーの有形のニーズにあり、これには、ゲーマー自身による投資が必要となります。Team Ballistixプロの「Heroes of the Storm®」チームは、世界でもトップクラスのチームで、Eスポーツ界でも最も有名なTeam LiquidおよびFnaticと提携しています。いずれのチームも、「リーグ・オブ・レジェンド」、「ハースストーン」、「CS:GO」を始めとするさまざまなEスポーツ・トーナメントで活躍しています。また、独自の「スタークラフト2」トーナメント、 Ballistix Brawl」「も開催しています。

esports

このような大きな足掛かりがある中、ゲーミング産業で生まれつつあるニーズに気付き、その進化に伴いニーズを満たしていくのは、マイクロンにとって簡単なことです。Soulliere氏は、最新の大物Eスポーツゲームは「PUBG」と「Fortnite」だと述べています。これらのゲームでは、スタンダード/モバイルDRAM、SSD、グラフィックスメモリに甚大な投資が求められることになります。そのとき、そのソリューションを提供し、より速いメモリを提案していくのが、マイクロンです。

「当社は、何十年にもわたってゲーマー達を支えてきました。今後もそうするつもりです。」とSoulliere氏は述べています。

+