インテリジェンス・オブ・ザ・エッジ

音声アシスタントが素晴らしい新世界を刺激する

携帯電話に搭載されている音声アシスタントは、役立つときもあります。近くのガソリンスタンドの場所が分かることもたまにあり、時には、冗談を飛ばせることもあります。しかし、フルソリューションの人工知能となると、なかなか基準を満たしてくれません。残念ながら、多くのお客様が「音声アシスタント」と言われてイメージするのは、毎日、再訪しなければならないような、はん濫するデータ、予約、関心事のためのソリューションです。

マイクロンの上級顧客部門マーケティング・マネージャー、Harsha Nagaraju氏が、完璧な音声アシスタントと言われて一番に思い描くのは、マーベル・シリーズに登場するアイアンマン™ の、非常に優れたインテリジェントシステム、JARVIS™です。

アイアンマン自身が必要と気付く以前から、彼が必要とする情報とツールを常に用意している、あのJARVIS です。あれこそが、多くの音声アシスタント開発のゴールとするところです

「私は、基本的には、文字通り、家庭全体を切り盛りさせたいのです」とNagaraju氏は述べています。「そして、指先から、自分の必要とする情報が得られるようにしたいのです。もし、私が、仕事で音声アシスタントを使っていて、会議中、集計表を出したかったり、ちょっと試算を行いたかったりしたときに、「ねぇ、先週の売り上げはどうだった?去年の同時期と比較すると、どうだった?」と聞けば、全部を計算してその場で結果を提示してくれるようになってほしいのです。」

音声アシスタントは、明らかにまだこの水準には達していませんが、Nagaraju氏の夢のアシスタントは、他の人がいずれ音声アシスタントに求め期待するものから決して離れてはいません。強力で効率的なメモリがあれば、どこのスマートデバイスでも、JARVISにできることを全てこなし、持ち主が普段時間がなくてできないようなことも、本当に実現してくれるようになります。

音声アシスタントの魅力

ほとんどのユーザーにとって、音声アシスタントがデビューを飾ったのは、携帯電話でのことでした。ボタンを押せば簡単に、陽気な女性の音声が、音声起動によるウェブ検索をしてくれたり、電話をかけてくれたりするようになっていました。不十分な点もあったものの、多くの人が、新たなアシスタントの可能性を喜びました。

「自分の音声が新たなインターフェイスとなり、ハンズフリーで画面を見ずに作業ができるようになるという動向を、人は認めています。」とNagaraju氏は述べています。「だから、ほとんどの人があんなにも興奮したのだと思います。」

これらのアシスタントがますます有用になり、ますます多くのモノのインターネット(IoT)デバイスが市場に出るのに伴い、開発者たちは、同じような知能を家庭にも持ち込み、顧客がそのハンズフリーのユーザーインターフェイスに、家庭で、家族と一緒にアクセスできるようにしたいと思うようになりました。

「スピーカーは、家庭への単なる入り口でした。安価だったのです」とNagaraju氏は述べています。「しかし、そのスピーカーが実現したのは、それまで自分のモバイル機器で行っていたのと同じ交流を、家庭に置いておくだけのデバイスでも可能にしたということです。

だから、今はもっと共用のものです。自分の携帯電話と関係を有するというよりも、家庭の誰でも、デバイスに話しかければ、一般的な解決策が得られたり、質問に答えてもらえたりするということです。だから、それこそがパラダイムシフトでした。」

これらのデバイスの共通の目標は、ユーザーの時間を節約することで、生活をより効率的なものにし、生活上のありふれた作業を取り除くことです。しかし、これがほとんどの音声アシスタントが目指すところであり、洗濯機や冷蔵庫といった家電への進出も続いている一方で、Nagaraju氏は、社会的受容とハードウェア能力の両面において、その目標を達成するまでにはまだまだ長い道のりがあると考えています。

Voice Assistant

音声アシスタントはセキュリティ脅威を及ぼすのか?

ほとんどの家庭にとって、音声アシスタントは一大事です。家に他人を呼んで、その他人が、あなたとあなたの配偶者と子どもの言うことを全て書き留め、使用するメディアの一覧を毎日作成している、という状況を想像してみてください。人によっては、音声アシスタントとは、これほどまでに怪しくて怖い危険な存在であり、生活の中に取り入れるには非常に時間がかかるものなのです。

Nagaraju氏は、大部分は、ほとんどの人が思っているほど大きな問題ではないと言います。デバイス搭載メモリを含め、スマートデバイスの音声アシスタントについては、複数の安全対策が施されています。アシスタントにより集められたほとんどの情報は、デバイスに保管され、クラウドでは共有されません。したがって、ユーザーが質問をしたり依頼をしたりすると、その情報はクラウドには送られないので、誰かがハッキングをするわけではない、とNagaraju氏は述べています。

さらに、これらの音声アシスタントは、家庭内の人物の音声プロフィールが作成できるので、ユーザーデータに関してはもう一段階、セキュリティ水準を上げることができます。

ただし、一部のデータは、クラウドで処理、送信される必要があります。具体的には、eコマースのウェブサイトなど、別のサイトのアカウントを使用する場合です。

「あなたがものを購入する時など、あなたが提供する情報は、実際のところは公の情報です」とNagaraju氏は言います。「クラウドに送信され、そこに保管され、ハッキングなどの対象となることは理解しておいてください。」

では、ハッキングの可能性がある場合に、それを回避するにはどうすればよいのでしょう?より良いハードウェアを使うことです。マイクロンでは、現在、特定のデバイスが正当で信頼できるネットワークに信号を送ることのできる暗号化RNチップ、Authenta技術を開発しています。デバイスのセキュリティが損なわれていると分かれば、そのデバイスをネットワークから排除することができます。Nagaraju氏は、「家庭のデバイスからクラウド、そしてまたそのデバイスに戻ってくるまで、」末端間の暗号化を行うのに最適の方法だと言います。

このような安全対策やイノベーションは、音声アシスタントの正当性を強化し、Nagaraju氏がスマートデバイスに求めるようなJARVISレベルの有用性と効率に向けて水準を押し上げることができます。安心感が得られれば社会需要も自ずとついてきます。また、社会需要が得られればハードウェアの進化に、より多くの注目が集まるようになります。これこそが、これらのスマートデバイスや人工クラウドコンピューティングデバイスが痛切に必要とするものです。

音声アシスタントはそれほど強力なのか?

ほとんどの消費者は、音声アシスタントが前後関係から手がかりを得て発話者の各命令に内在する本当の依頼が理解できるような、全てを可能にするソリューションを期待して、音声アシスタントを購入します。音声アシスタントがスマートデバイス産業に革命を起こし、冷蔵庫から車のダッシュボードまでの全てに進出する一方で、さらなる成長の余地は常にあります。

「いずれは、あなたが誰なのかをアシスタントが本当に理解し、適切な時に、適切な場所で、あなたの希望するやり方で、ソリューションを提供するようになるということは約束されています。」とNagaraju氏は述べています。

しかし、先ほども言及した通り、音声アシスタントはまだ、そのJARVISレベルの最高水準には達していません。しかし、それ自体としては間違いなく、便利な存在です。ポップコーンやその他のお菓子の在庫が無くなったらすぐに次の在庫を注文してくれるような能力を、誰が拒むでしょうか?これらのデバイスは、買い物や娯楽の多くを音声によるユーザーインターフェイスに移行することで、貴重な時間を節約し、数秒で、頭に浮かんだ適当な曲が流せるような機会を与えてくれます。

しかし、自動のスケジュールの移動やその他のもっと高性能の機能を考慮すると、この技術にはまだ長い道のりが残っています。Nagaraju氏によれば、1台のスマートスピーカーの設計は比較的シンプルで、つまり、ほとんどの計算や人工知能の処理は、クラウドで行われているということです。理想の音声アシスタントと言われて、ほとんどの人が期待するような水準には、まだ達していないのです。

「人々は、「これが、今後、私のアシスタントになるんだ。30ドルで買ってこよう」といった気持で購入しています」とNagaraju氏は述べています。「しかし、まだ、誰のためにも何でもできる状態ではないのです。」いずれは、その水準に達するかもしれません。あと数年かかるでしょう。しかし、今は、利用法が非常に限られています。

2016年のAll About Circuitsによる分解に見られるように、AmazonのEchoのようなデバイスには、デバイスの内部プロセッサを補助するマイクロン製メモリが含まれていますが、より高性能の計算水準に達するために必要な本当のイノベーションには、デバイス搭載のより良いメモリと超スケーリングクラウドメモリのハイブリッドが必要で、その多くで、マイクロンが業界内で最前線に立っています。

そのようなイノベーションの1つが、Nagaraju氏がパッケージングカスタマイゼーションの一形態と称するもので、これは、エンジニアが2種類の技術を4つのデバイス内にコンパイルすることで、電力消費を助ける仕組みになっています。こうすることで、デバイスの小型化に役立ち、マイクロン製メモリが支える強力なAIクラウドに接続できるより多くのスマートデバイスを約束することができます。

JARVISに到達する

この新しい技術があれば、未来の音声アシスタントプログラムはさほど遠い存在ではありません。

「今後2年ほどで、①データの容量は増え、②文脈を理解し始めるアルゴリズムができてきます。」

「あなたの予定表を把握し、予約を把握し、会議に遅れる場合も分かるようになります。これらの事柄を先に選択し、あなたが尋ねる前に提案を行い、会議の代わりの時間や、より速く進むことのできる交通情報を提供してくれるようになります。」

最終的には、人々の時間を取り戻し始めた時に、これらの音声アシスタントは最盛期を迎えますが、正にこれこそが、新しいスマートスピーカーを手に入れたり、携帯電話の音声アシスタント機能を使い始めたりしたときに、期待を胸にする多くの消費者が切望することです。

これらのデバイスにマイクロン製メモリが搭載された今、あとは、上に向上し続けるのみです。マイクロンのメモリ機能が上がれば上がるほど、その音声アシスタント機能も向上します。Nagaraju氏がJARVISアシスタントを手に入れる日も、それだけ近づくことでしょう。

+