Add Bookmark(s)


To:

Email


Bookmark(s) shared successfully!

Please provide at least one email address.

データ保護スキームの進化の最先端

数十年もの間、メモリの設計者はデータ保護を強化する様々なスキームを提案し、不正または偶発的なデータ変更に対抗してきました。

データ保護スキームの進化の最先端

数十年もの間、メモリの設計者はデータ保護を強化する様々なスキームを提案し、不正または偶発的なデータ変更に対抗してきました。

高レベルな保護は自動車を含む多くの産業において非常に重要で、人工知能のような技術を自動運転で十分に活用するためにはセキュアなアップデートが必要となります。詳細については、自動車システムでAIを最大限に活用する方法に関するブログをご覧ください。

この投稿では、過去の保護スキームをいくつか手短に復習し、最新のセキュリティスキームがいかに発展し、自動運転車のようなソリューションに強固なセキュリティをもたらしているのかを見てみましょう。

過去の保護の概要

長年にわたるいくつかの保護スキームは、メモリアレイ中の一部で選択されたデータのみ、かつパスワードで保護される簡単なコマンドを基礎にしてきました。この程度の保護では、ハッカーがボードのバスからコマンドを盗み取り、後で再使用するのを許してしまいます。

バスを流れるデータを取得して再使用するのは、「リプレイアタック」または「中間者攻撃」として知られています。一般的にこの種の攻撃は、チャネルを通じて伝送されるメッセージの記録に基づいてバス内のデータ通信をハッキングする方法を用います。記録されたメッセージはシステム全体をコントロールしたり、一定の状況下で誤動作を発生させたりするために後で使用されます。

この種の攻撃は、送信者と受信者に既知のキーを使ってコマンドと引数を検証する暗号コマンドセットを使用しないシステムではより容易に実行されます。

「脆弱な保護」ストレージシステムを破壊するために使用される別の方法は、オリジナルではないメモリコンポーネントが使用され、この場合、内容はオリジナルと同一であり、オリジナルコンポーネントをエミュレートします。この種のテクニックはコンポーネント差し替え攻撃と呼ばれます。

将来のセキュリティ展望

いくつかの新しいセキュリティパラダイムと実装によって、各エンドポイント(またはエッジ)のコンポーネントがエレクトロニクスシステム全体のセキュリティに貢献するように提案されています。各デバイスは、そのIDを証明するための機能(コンポーネント差し替え攻撃を確実に失敗させるために)、および保存されたデータが不正なエンティティによって変更されていないことをプロバイダーに確認するための機能

が組み込まれています。

データの真正性確認は暗号測定によって実現されます。

最新の保護スキームは自動車システムへの攻撃に対する保護と同時に、無線を使ったセキュアなファームウェアとデータの更新を提供する必要があります。

25年以上におよぶ自動車産業での経験をもとに、マイクロンは長年自動車システムのセキュリティ要件を満たすことに取り組んできました。

この経験によってマイクロンはAuthenta™ 技術を開発しました。この技術によってエンドカスタマーは暗号コマンドを受信して検証し、メモリの内容を操作し、内容自体を検証することが可能となります。

標準フラッシュメモリチップを使用している自動車システムでは、この新技術を用いたシステムレベルでのサイバーセキュリティの改善と、よりよいデバイス管理機能を享受できます。

詳細は今すぐマイクロンの自動車ソリューションをご覧ください。