Add Bookmark(s)


To:

Email


Bookmark(s) shared successfully!

Please provide at least one email address.

自動運転に向けた次の作業分野

自動運転に向けた次の作業分野

「私たちが知っている個人の移動手段を根底から覆す可能性を秘め、その安全性を高め、従来型の自動車よりもよりさらにユビキタス化し、おそらくはさらに効率的なものとして、自動運転車は私たちの未来の移動手段のアーキタイプになりました」 (「Accelerating the Next Revolution in Roadway Safety」連邦自動運転車政策(FAVP)、2016年9月)

これを実現するテクノロジーの次の段階は、周囲とリアルタイムで通信・やりとりするためにIoTを介して車載システムをネットワーク接続する統合システムを作ることです。以下の適用がこの通信システムを形づくっています。

  • 車車間通信(V2V)– 交通の流れを改善し、衝突や渋滞を軽減・緩和するために、自動車が互いに通信する能力。
  • 路車間通信(V2I)– リアルタイムの交通マネジメント、許可された運転速度、料金の自動徴収、緊急時に自動車をどかすなどの、通信プロトコルをサポートします。
  • 車クラウド間通信(V2C)– 自動運転に不可欠なリアルタイムの高解像度マップ、駐車場所の検索、リアルタイム交通情報、エア・車間のECUを介したソフトウェアアップデート、オンデマンドのエンターテインメントコンテンツとしてコネクテッドカーサービスを提供します。V2Cでは堅固なセキュリティと認証が必要不可欠となります。
  • 車歩行者間通信(V2P)– 自動車と歩行者の間にリアルタイムの通信を提供し、衝突リスクを回避します。歩行者はスマートフォンまたはウェアラブル端末で、自動車と通信します。

次世代の自動運転車には、自動車と道路インフラの間で安全データや操作上のデータを無線接続で交換するための高度な接続性が必要となります。自動車の通信と接続性は、自動運転が進歩を続ける上で絶対的に必要不可欠です。V2X通信が実現することで、運転者の気がそれているときでさえも、自動車は周囲の交通状況を自動的に認識するようデザインされるでしょう。

自動運転車は、以前は想像もできなかったようなレベルまでネットワークの成長を押し上げています。インテル社は2016年8月に催された自動運転車の開発者会議で、2020年までにすべての自動運転車が毎日4,000GBのデータを生成し、IoT端末間の通信を管理するネットワーク上のクラウドシステムに送信するとの見通しを示しました。これは、現在平均的な個人が生成しているデータの5倍です。インターネットに接続された飛行機や工場(ほんの一例ですが)のデータ要件はさらに高くなるでしょう。

中国の交通システムは、すでにこの通信の一部に対応するネットワークを導入しています。北京では全体で、バスの65パーセントと約7万台のタクシー、乗用車、危険な化学物質を運ぶ車両が、衛星による位置決定機器を取り付けており、インテリジェント・モニタリングの対象となっています。4また、タクシー監視センターと鉄道交通制御センターも5箇所設置されています。

この通信には、大量かつ高価な、高い帯域幅のデータセンターとネットワーキング端末のホストの構築が必要です。5G通信プロトコルの導入がこの成長を可能にします。投資レベルを考慮すると、業界全域から複数の企業が積極的に参加することが必要です。これには、イノベーションの発展のために各政府が協力し合うような、導入や確実な実施に向けた見通し可能なロードマップによってけん引することが最善です。

マイクロンがどのようにこの市場セグメントに参加しているか、詳しくは、マイクロンの車載ソリューションページをご覧ください。