Add Bookmark(s)


To:

Email


Bookmark(s) shared successfully!

Please provide at least one email address.

自動車システムで人工知能を最大限に活用

自動車システムで人工知能を最大限に活用

自動車メーカーが人工知能(AI)を使用して、新型車の問題解決機能を強化しています。

新型車はアダプティブクルーズコントロール、道路標識認識、および自動電子制御ブレーキシステムなどの機能ですべてAIを使用しています。AIの使用によって自動車システムは、ハードウェアの設計段階では予測されなかった未知の状況に適応できるようになります。また、問題に対するソリューションを他の手段よりもかなり早く見つけ出すことができ、その一方でソリューションの堅牢性と整合性を保ちます。

これらの機能はAIを基礎として自動運転を主流に押し上げる力となっていますが自動車システムでAIを最大限に活用するために必要なシステムレベルの堅牢なセキュリティとシステムアップデートの頻度について話します。

頻繁にアップデートを行うことが不可欠

自動運転車には、定期的に繰り返されるアップデートが必要です。ただしそのすべてがAIに関連しているとは限りません。例えば、車両の所有者がアップデートを必要とする新サービスや機能を購入する場合があります。あるいは、誤動作している機器で無線/セキュアな無線(OTA/SOTA)方式を経由して自動車ディーラーによるローカル(車内での)アップデートが必要になる場合があります。

自動車システムでAIを使用する際には高頻度なアップデートが必要です。例えば自動車システムが自己学習機能を備えている場合、路上で長時間走行するためには新たなセットのシナプス荷重とバイアス*が必要となることがあります。入力と出力の新たな組み合わせを工場のサーバーに送信し、AI用新パラメータを生成する必要があります。そして工場では、OTA/SOTA を使用して、現場に配置されているすべての自動運転車をアップデートして新パラメータのメリットを使用できるようにします。

アップデートの種類に関係なく自動車システムに対するすべてのアップデートは、セキュアであることと、認証機関から発行されることが必要です。

セキュリティは厳重であること

自動運転では、安全が第一の優先事項です。AIを自動車システムに実装するには、車両の動作を変える可能性があり、かつ極端な場合、運転手、同乗者、さらには周辺の歩行者や建物の安全を損なう危険がある大量のデータ操作が必要となるため、不正な変更(悪意ある、または偶発的を問わず)からデータを保護する必要があります。

このデータは、簡単に侵入できないようにセキュアな方法で常時書き込み、読み出し、更新が行われる不揮発性メモリデバイスに保存されます。これが、極めてセキュアなデータ転送と保管を可能にするメモリソリューションの研究開発に、マイクロンが大量の時間を費やしている理由です。

マイクロンにできること

25年以上におよぶ自動車産業での経験をもとに、マイクロンはパートナーやお客様と協力し同産業の最も困難な課題のいくつかに対応するメモリとストレージソリューションを提供してきました。次の投稿では、メモリ分野を取り上げデータを危害から守るために行ってきた数十年にわたる努力を回顧したいと思います。その後、自動車システムを攻撃から守るためのマイクロンのAuthenta™ 技術を含む最新の保護スキームについてお話しします。

詳細は今すぐマイクロンの自動車ソリューションをご覧ください。

*人工知能は荷重マトリックスと初期条件に依存します。バイアスは人工知能の背後にあるニューラルネットワークが持つニューロンの前提条件値です(該当する場合)。