logo-micron

Add Bookmark(s)


To:

Email


Bookmark(s) shared successfully!

Please provide at least one email address.

車載メモリソリューション

メモリが自動車業界をどのように推進し、加速化するかをご覧ください。

自動車は、人が手にする最も高性能なコンピューターかもしれません。インフォテインメント、高度運転支援、パワートレインコントロールシステムを搭載した自動車は、ノートパソコンより高い処理能力を備えています。このような高い処理能力を実現するには、自動車を熟知したメモリメーカーが車載アプリケーション用に作ったメモリが必要です。

マイクロンの強み

マイクロンは、25年以上の経験を持つ実績あるメモリパートナーとして、品質、信頼性、コンプライアンスの厳しい要件を満たす高度な車載メモリソリューションを提供しています。

Broad Portfolio 幅広いポートフォリオ 高い水準が要求される自動車業界に対応する厳格な試験を経たメモリソリューションを揃えた、幅広いポートフォリオを提供します。 Application Expertise 専門知識 車載アプリケーションと市場要件を熟知するエンジニアおよびシステムアーキテクトが、デザイン実装の専門知識を提供します。 Quality 高品質 厳しいISO/TS認証要件を満たすため、部品設計から最終梱包まで、設計・最適化された質の高いメモリソリューションを提供します。
Collaboration 協働 設計革新と実装の推進と迅速化を支援するマイクロンのメモリパートナーの広範なエコシステムにアクセスし、協働します。 長期供給 ライフサイクルの業界期待水準を満たす、または上回るとともにレガシー製品に対応するメモリソリューションを、多数提供します。

製品

DDR4 SDRAM

DRAM

車載アプリケーションは、消費電力、信号速度、帯域幅の限界に挑むメモリを必要とします。マイクロンのSDRAM、DDR、DDR2、DDR3、DDR4は、それを上回る性能を実現します。

関連製品を表示
eMMC

e.MMC

統合、開発、設計が容易なため、短期間での市場投入が可能となります。コントローラーとインターフェイスを搭載したマイクロンのマネージドe.MMCメモリが、その実現を支援します。

関連製品を表示

LPDRAM

マイクロンのLPDR、LPDDR2、LPDDR3、LPDDR4メモリは、性能を犠牲にすることなく消費電力を抑えるよう設計され、クラスタ(計器システム)、インフォテインメント、ADASソリューションに最適です。

関連製品を表示
NOR-Based MCP

Multichip Packages

車載アプリケーションには、自動車用に最適化されたメモリが必要です。マイクロンのマルチチップパッケージ・ソリューションは、性能、サイズ、広い温度範囲の最適な組み合わせを実現します。

関連製品を表示
NOR flash

NOR Flash

制御装置用にXIP(eXecute-In-Place)機能を備えた高品質・省スペースのパッケージを提供します。

関連製品を表示

SLC NAND

小型でありながら高い性能が必要なケースはよくあります。マイクロンのSLC NANDフラッシュメモリは、高性能、低電力、高帯域幅、小型な形状が求められる車載アプリケーションに最適です。

関連製品を表示
SSDs for Automotive

Solid State Drives

自動車環境ではストレージの需要が高まり、車載SSDならではの頑丈な設計、温度範囲の拡大、堅固なデータ保護機能が求められています。

関連製品を表示

資料

Article

2012年12月、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)は、以下を含む重要データを記録するイベントデータレコーダー(EDR)の設置を2015年モデル以降のすべての乗用車に求める規則を提案しました:

Article

自動運転は、自動車業界、そしておそらくはコンピューティング業界全体で最も速く進化している用途のひとつです。自動運転に求められるパフォーマンスの向上は本質的に指数関数的であり、システムの世代交代の度にさらに高度な処理能力が要求されます。

Article

「私たちが知っている個人の移動手段を根底から覆す可能性を秘め、その安全性を高め、従来型の自動車よりもよりさらにユビキタス化し、おそらくはさらに効率的なものとして、自動運転車は私たちの未来の移動手段のアーキタイプになりました」 (「Accelerating the Next Revolution in Roadway Safety」連邦自動運転車政策(FAVP)、2016年9月)

Article

自動運転車の大量生産を最初に実現するために、自動車メーカーが互いに競い合っていることは周知の事実です。完全な自動運転を実現するためには、あらゆる方向で近距離から遠方までを認知する様々なセンサーが必要です。このセンサーには、レーダー、LIDAR、超音波、カメラ、暗視デバイスなどが含まれます。センサーから集められたデータは、数年前にはスーパーコンピューターにしかできなかった水準の計算能力を備えた、非常に複雑なSoC(システム・オン・チップ)に送られます。

Article

先進運転支援システム(ADAS)および自動運転車が主に実現するものの1つは、より優れたコンピューティング能力です。インテル社によると、自動車を周囲の変化に対応させるには、約1GB/秒のデータを充分な速度(車載OS内で1秒未満)で処理、保存、さらに分析する必要があります。

Article

「自動運転車により、運転とは別の部分でメモリに対する需要が増えることが予想できます」と、著名な発明家でありRambusのシステム・ソリューション担当VPであるSteven Woo氏は述べています。Woo氏は、コストとスピードの点からDRAMが論理的な選択であるものの、他の種類のメモリにも可能性があるとしています。

役立つリンク