刺激的な新しい消費者体験

情報量は多いに越したことはない

このストーリーにいいねする
Rating Unavailable
いいねの数

「鷹のように空高く舞い上がり、視野を広く持て。」 これは、Adobe のCEOシャンタヌ・ナラヤン氏やその他の複数の著名人を輩出している高校ハイデラバード パブリックスクールの校訓です。

この校訓は、2007年にAdobeのCEOに就任したナラヤン氏が、その2年後に営業収益25%ダウンの苦境に直面した際にも活かされました。当時、Adobeのソフトウェアビジネスは成長を続けていたものの、これらソフトウェアの不正使用も急増していました。多くのユーザーは、製品を購入することなく違法にコピーされたものを使用していました。

「ビジネスモデルを大きく変えなければ、企業価値は維持できない。多くのデータがそれを物語っていた」と、今回マイクロンの社長兼CEOサンジェイ・メロートラとの暖炉を囲んでの語らいで、ナラヤン氏は当時の状況をこう振り返っています。

そしてナラヤン氏は、実際にAdobeのビジネスモデルを大きく変えてみせました。ナラヤン氏がCEOに就任した当時、Adobeの企業価値は200億米ドルほどでしたが、現在では1,300億米ドルにまで成長を遂げています。ナラヤン氏のリーダーシップは、ハーバード・ビジネス・レビュー誌といった著名な団体が、ビジネス変革のケーススタディとして取り上げるほどのものです。

ナラヤン氏はどのようにしてこれほどの偉業を成し遂げたのでしょう? この対談では、2人のCEOが、企業の可能性をかつてないほど高めていくうえで、マイクロンのメモリを採用した人工知能がどのように重要な役割を果たしていくかについて語っています。

+
+