データの速度

未来の衝撃:サイエンスフィクションが予測した11の実在するテクノロジー

このストーリーにいいねする
Rating Unavailable
いいねの数

事実は小説よりも奇なりと言いますが、いまでは事実はSF小説よりも奇なりと言えるでしょうか。映画やテレビ番組、本の作者が思いついた突拍子もないアイデアの一部は、いま現実になっています。その多くがサイエンスフィクション(SF)からひらめきを得たものです。作者がそれらを想いついていなければ、ビデオ通話、携帯電話やタブレット、ドローン、ロボットなどのデジタルテクノロジーは存在さえしていない可能性もあります。

SFは、クレジットカードやテレビの出現、そして1969年の月面着陸を予測しました。バイオニック義肢、軍用戦車、抗うつ剤、潜水艦もSFから生まれたアイデアです。インターネットの概念さえも30年以上前に出版された本に端を発しています。SF作家のウィリアム・ギブソンは著作「ニューロマンサー」のなかで、「サイバースペース(電脳空間)」という言葉を初めて使い、それを(まるで未来を予知したかのように)「合意による幻覚」と定義しました。現代のノストラダムスともてはやされることが多いギブソンは、リアリティ番組やナノテクノロジーなどの到来も言い当てています。

SFが予測したもののなかには、スタンリー・キューブリック監督による「2001年宇宙の旅」の人工知能HAL 9000が人間に対して反乱を起こすといった暗い未来を描いたものもあります。1968年の映画公開から50年以上が経ちましたが、HAL 9000はいまなお人工知能による反乱の可能性について警鐘を鳴らす存在と見なされています。

しかし、他の予測の多くは、人間の暮らしを豊かにし、向上させるテクノロジーの可能性を示すものです。ジョージ・ルーカスが監督した「スター・ウォーズ」(1977年公開)に登場するホログラムテーブルから、1960年代の人気アニメ「宇宙家族ジェットソン」に登場するビデオチャットや空飛ぶ自動車まで、現代のデジタル技術による驚くべき発明品や流行品は、科学者などではなく作家の想像力から最初に生まれ、実現のきっかけを得ています。

未来世界を知っている人がいるとすれば、それはSF作家ではないでしょうか。アイデア実現のカギを握るのは科学であり、テクノロジーの進歩がそれを可能にします。

未来を想像する

軍用戦車、タブレット型コンピューター、潜水艦、バイオニック義肢、向精神薬など、現実になったSFの予言は1冊の本になりそうなほど数多くあります。実際に、このトピックだけを取り上げた本も何冊も出版されています。しかし、コンピューターがまだ存在もしていない時点でデジタルテクノロジーが予測されていたとは、感嘆するばかりです。

実はSFとテクノロジーのつながりは偶然ではありません。研究者は、未来を描いた本やテレビ番組、映画からひらめきを得ています。ある調査では、SF作家がしばしば科学者と意見交換を行い、小説の内容が以下のようにさまざまな形で技術開発研究に影響を及ぼし、アイデアを提供していることが明らかになっています。

  • 人体の改造または拡張
  • 人間とコンピューターの相互作用
  • 人間とロボットの相互作用
  • 人工知能

あなたが次に挙げる11種類のテクノロジーのいずれかの恩恵に浴しているとすれば、SF作家への感謝をお忘れなく!

  1. 携帯電話1966年に放映されたテレビ番組「スタートレック」で「コミュニケーター」と呼ばれる折り畳み式携帯電話が初めて登場しました。それから30年後にモトローラが世に送り出した世界初の折り畳み式携帯電話は、スタートレックにちなみStarTACと名付けられました。興味深いことに、「スタートレック」の製作者は、カーク船長や乗組員たちが携帯式デバイスのトライコーダーを使って惑星探索での情報の収集・保存を行うという設定も思い付きました。製作者がこの2つを組み合わせることを想いついていれば、スマートフォンを予測したかもしれません。

  2. 3Dホログラム:ホログラムはオビ=ワン・ケノービに助けを求めるレイア姫の姿をR2D2が映写する「スター・ウォーズ」の一場面で知られるようになりましたが、そこから発想を得たと思われる研究者たちはその実現に努力を重ねました。現在ホログラムは多くのアプリケーションで利用することができます。2019年には、ロックを代表するミュージシャンでありすでに亡くなっているバディ・ホリーとロイ・オービソンが、ライブバンドを従えたジョイント・ホログラム・ツアーで「ライブ演奏」を披露しました。

  3. 3Dフードプリンター:60年代初期の人気アニメ「宇宙家族ジェットソン」は、ボタンを押すだけで料理してくれる家電を愛用していました。「スタートレック」では、たった数秒で何もないところから食べ物を出力する「レプリケーター」という装置が活躍していました。そして現在、コロンビア大学は、分子ではなくあらかじめ用意した材料を使って調理された料理を提供する3Dプリンター技術を(まだ完成はしていないものの)開発しました。デザート向けに、多くの研究者が究極のチョコレートプリンター開発にしのぎを削っています。

  4. 家事ロボット:チェコの作家カレル・チャペックは、1920年のSF戯曲R.U.R. (ロッサム万能ロボット会社)」でロボットという言葉を創り出しました。ロボットは、チェコ語で「強制労働者」を意味する「ロボトニック」に由来します。

    レスター・デル・リイが1938年に書いた「愛しのヘレン」では、2人の男性が発明した家事ロボットのヘレンに恋してしまいます。また、フィリップ・K・ディックによる1955年の短編「人間狩り」は、子どもの世話が上手なロボットが気に入って、新型に買い替えることを拒んだ家族の話です(ネタバレ:惨劇が起こります)。

    しかし、SFで最も有名なロボットお手伝いさんは「宇宙家族ジェットソン」のロージーでしょう。ロージーはつねに羽はたきを持っていて、ピーピーというおかしな音をはさみながら会話します。今日出回っている円形のお掃除ロボットは床をきれいに掃除してくれると評判ですが、マルチタスクをこなせる人工知能搭載型のロボットはまだ商業化されていません。研究者によれば、開発は進んでおり、10には発売される可能性があるということです。
  5. 自律走行車:SF作家アイザック・アシモフは、1964年にニューヨーク・タイムズ紙で、2014年に万国博覧会が開催されるとすれば「ロボット頭脳」を持つ自動車が目玉になると予測しました。

    「ロボット頭脳を持つ自動車の開発が進められるだろう。この自動車は、特定の目的地を設定することができ、人間の反射神経の遅さに邪魔されることなく目的地まで走行する」とアシモフは書きました。

    また、007ことジェームズ・ボンドが活躍する映画でも人間の手をほぼ借りずに自動運転する車を描いていました。1997年公開の『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』では、ボンドがBMW 750ILの後部座席から携帯電話で車を操作する場面があります。ボンドカーはどれも凝った秘密兵器や最新技術が搭載されていますが、そのなかには現在私たちが目にしているものや、やがて現実のものになると思われる機能が多く含まれています。多数の自動車メーカーとテクノロジー企業が完全自律走行車の開発を進めており2025年までの実用化を目指しています。

     

  6. 空飛ぶ自動車:A地点からB地点まで最速で移動する方法は、カラスのように直線移動することです。しかし、実際には地形の凹凸や河川があるため、一般的に直線移動は難しく、最速では動けません。そのため人間がSFのなかで空を飛ぼうとしたとしても不思議ではありません。007シリーズの作者であるイアン・フレミングが1964年に出版した童話「魔法の自動車チキチキバンバン」(1968年に「チキ・チキ・バン・バン」として映画化)では一足先に空飛ぶ自動車が登場します。

    フレミングは、英レーシングドライバーで自動車エンジニアのルイ・ボロー・ズボロウスキー伯爵が設計した実在のレースカー「チキチキバンバン号」をモデルにしたと言われています。本物のチキチキバンバン号は空こそ飛びませんでしたが、最後のチキチキバンバン4(のちに「バブズ」と改名)は、1926年に時速171マイルという自動車の地上最速記録を達成しました。なお、現在の最速記録2018年に達成された時速448.757マイルですが、空飛ぶ自動車ならもっと速いかもしれません。

    空飛ぶタクシー」は、米軍や米航空宇宙局(NASA)だけでなく民間企業でも開発を進めています。空飛ぶタクシー(最低でも1人の乗車が可能なためドローンとは見なされません)は、2040年までに普及すると予測されています

  7. ドローン:フランク・ハーバートによる1965年の著作「デューン 砂の惑星」では、極めて小さな「ハンターシーカー」と呼ばれる暗殺ドローンが登場します。また、「スター・ウォーズ」ではあちこちで自動操縦航空機が飛び交っています。実際に数多くのSF小説や映画では、ドローンが実用化されるずっと前からドローンは登場しています。ドローンは過去の二、三十年は軍事用でしたが、最近は商業・娯楽用の転用が進んでいます。

    米連邦航空局が初めて商業用ドローンを許可したのは2006、その後の8年間で16件の許可を出したと報道されています。2013年にアマゾンCEOのジェフ・ベゾスがドローンを使って配送する案を発表したことから一気にドローン熱が高まりました。2018年には米連邦航空局がドローン操縦に必要なリモートパイロット認定の交付を100,000行いました。

    それにつれてドローンの用途広がり、航空写真や防災活動、農作物の高精度管理などで利用されるようになっています。またレイモンド・Z・ガランが1936年の短編「スカラベ(The Scarab)」で予言し、最近では人気SFテレビシリーズ「ブラック・ミラー」で注目を浴びたハチ型ロボットが農作物の受粉で活躍する日がやって来るかもしれません。ウォルマートは2018年に、花粉を発見してまき散らす小型ドローンに関する特許出願をしました

  8. バーチャルリアリティ:バーチャルリアリティ(VR)のアイデアを先駆けて生み出したことで知られるのはスタンリイ・G・ワインボウムによる1935年の小説「ピグマリオン劇場」で、これにはゴーグルまで登場します。また、スティーブン・リズバーガー監督による1982年の映画「トロン」ではデジタル世界の内部への侵入が描かれています。ニール・スティーブンソンが1992年に発表した小説「スノウ・クラッシュ」では、VRに関して現在でも通用する描写が見られます。

    「コンピューター内部の電子鏡を使うことで、まるでテレビの電子ビームがブラウン管内の表面に画像を映し出すように、ビームはヒロのゴーグルのレンズを左右に行ったり来たりする。その結果、画像はヒロが現実を捉える視野の手前の空間に現れる

    だからヒロは実際にはここにはいないのだ。彼はコンピューターによって造られた空間にいる。画像はゴーグルに映し出され、音はイヤホンに流れ込んでくる。」

    今日のVRは、ほぼこれらの作家が想像したとおりで、没入型の3D画像と音響を体験できるゴーグルを着用することで別世界に逃避できるのです。触覚再現グローブを使えば別世界でも触覚が体験できますが、さらに味覚嗅覚の再現も目指して研究が進んでいます。

  9. スマートウォッチ:米コミック「ディック・トレイシー」のファンは、作者チェスター・グールドが1946年に腕時計型通信機を使うディック・トレイシーを描いた時、未来の技術を垣間見ました。グールドは、1964年にはビデオも登場させています。ビデオ機能は現時点ではスマートウォッチにはありませんが、必ず追加されると思われます。

    グールドは「宇宙家族ジェットソン」からビデオ機能付き腕時計のヒントを得たのでしょう。1962年の放送で、ジェットソン家の息子エルロイ・ジェットソンは彼の腕時計を使って「原始家族フリントストーン」(同じ製作会社のアニメ)を見たり、電話したりしました。

     

  10. ビデオ電話:ZoomFaceTime、中国でのWeChatなど、ビデオチャットアプリをビジネス会議や私用電話で使うことが日常化している現在(WhatsAppだけでも全世界におけるビデオ電話の利用時間は毎日34000万分に及びます)、少し前までビデオ電話が驚くような(かつ実現不可能な)テクノロジーに思えたとはなかなか想像できません。

    相手の顔を画面で見ながら電話することは、長い間SFの世界のことでした。「テレフォト」と呼ばれるテレビ電話機が最初に登場したのはルクセンブルク出身のアメリカ人作家ヒューゴー・ガーンズバックが1911年に出版した「ラルフ124C 41+ 2660年のロマンス」です。他にも1927年公開のドイツ映画「メトロポリス」や「2001年宇宙の旅」に壁掛けのテレビ電話が出てきます。

     

  11. カナル型イヤホン:レイ・ブラッドベリが1953年に出版した「華氏451度」では、海の貝と呼ばれるイヤホンと小型通信機、さらにブルートゥースのようなヘッドセットが描かれています。ヘッドセットは「音、音楽、話し声が電子の海のように眠ることのない心の海辺に打ち寄せる」と描写されています。ワイヤレスのカナル型イヤホンのように思えませんか。

    一部には、機械学習(人工知能の一形態)の進歩により音声認識はキーボードやキーパッドを使ったタイピング入力に全面的に取ってかわると予測する人がいます。また、2024年までにこのテクノロジーの市場は2018年の75億ドルから)3倍近く拡大し、215億ドル規模に到達するという予想もあります。

夢は、記憶と処理によって現実となります

以上のようなテクノロジーが機能するためには、大容量のメモリ、ストレージ、超高速処理能力が必要です。たとえば、バーチャルリアリティでは、コマ落ちがあると乗り物酔いを起こしてしてしまうため、思考の速度で莫大な量のデータを処理することが欠かせません。これまで取り上げたテクノロジーについてほぼすべての基盤となる人工知能は、人間が考えるのと同じ速度で「考える」ことが必要です。そうでなければ知能とは見なされません。この実現に役立つのが5Gテクノロジーです。

マイクロンは、未来のテクノロジーという挑戦に対し、より大容量のデータをより小さなスペースで保存し、より高速にコンピューターのプロセッサーに移動するソリューションを開発することで、この課題に応えています。ビデオゲーム用に開発され、現在は多様なアプリケーションで使用されている高帯域幅GDDR6グラフィックスメモリ、高速DRAM、高密度NANDフラッシュメモリ、そしてマイクロンの高速SSDなどがその例です。

SFから生まれたテクノロジーのうち次に現実になるのはどれでしょうか?スペインの監督ナチョ・ビガロンドによるSF映画「タイム クライムス」、それともHG・ウェルズの「タイム・マシン」に出てくるようなタイムトラベルでしょうか?あるいは「スタートレック」で使われる転送装置や、JK・ローリングの「ハリー・ポッター」シリーズに登場する透明マントでしょうか。他の惑星、それとも他の太陽系への宇宙旅行かもしれません。

以上のようなテクノロジーはまだ存在していません。しかし、実現することがあれば、そのときにはマイクロン製品が使われる可能性があるでしょう。現在も、そして将来も、マイクロンは最高水準のハードウェア製品をつくり続け、メモリおよびストレージのソリューションの分野で業界をリードし、SFが予測する未来への道を開きます。

この記事で紹介した映画、テレビ番組、小説、戯曲はそれぞれの作者による芸術作品です。マイクロンはその製作に一切関係していません。これらの作品で表現された見解や意見はマイクロンテクノロジーの見解や意見を反映するものではありません。これらの作品についての記述は参照のみを目的としており、マイクロンによる販促または推奨を意味するものではありません。

記事の紹介順(題名、著者/製作者、出版/公開/放映年):
「ニューロマンサー」、ウィリアム・ギブソン、1984

2001年宇宙の旅」、MGM1968

「スター・ウォーズ」、ルーカスフィルム、1977

「宇宙家族ジェットソン」、ハンナ・バーバラ、19621963年および19851987

「スタートレック」、ジーン・ロッデンベリー、19661969

「ロイ・オービソン&バディ・ホリー:ロックンロールドリームツアー」、ベースホログラム、2019

「ロボット(R.U.R.)」、カレル・チャペック、1921

「愛しのヘレン」、レスター・デル・リイ、1938

「人間狩り」、フィリップ・K・ディック、1955

007 トゥモロー・ネバー・ダイ」、MGM/ユナイテッド・インターナショナル・ピクチャーズ、1997

「魔法の自動車チキチキバンバン」、イアン・フレミング、19641965年(全3巻)

「チキ・チキ・バン・バン」、ユナイテッド・インターナショナル・ピクチャーズ、1968

「デューン 砂の惑星」、フランク・ハーバート、1965

「スカラベ」、レイモンド・Z・ガラン、1936

「ブラック・ミラー」、チャンネル420112014年;ネットフリックス、2016年から現在

「ピグマリオン劇場」、スタンリイ・G・ワインボウム、1935

「トロン」、リズバーガー=クシュナー・プロダクション、1982

「スノウ・クラッシュ」、ニール・スティーブンソン、1992

「ディック・トレイシー」、チェスター・グールド、19311972年、複数のイラストレーター、1972年〜現在

「原始家族フリントストーン」、ハンナ・バーベラ、19601966

「ラルフ124C 41+」、ヒューゴー・ガーンズバック、1911

「メトロポリス」、UFA1927

「華氏451度」、レイ・ブラッドベリ、1953

her/世界でひとつの彼女」、アンナプルナ・ピクチャーズ、2013

TIME CRIMES タイム クライムス」、カルボ・バンタス・エンターテイメント、ジップ・フィルム、ファイン・プロダクション、アルセニコPC2007

「タイム・マシン」、HG・ウェルズ、1895

「ハリー・ポッター」シリーズ、JK・ローリング、19972007

+
+