自動車の機能安全

機能安全とは、電気および電子システムの故障や意図しない動作により引き起こされる危害に起因する、不合理なリスクが存在しないことです。メモリおよびアーキテクチャのベンダーは、簡素化やコスト削減を図りながら、ISO 26262およびASIL-Dへの準拠、コンポーネントの統合を達成するために、自動車メーカーと連携しています。

各種システムのASILレベル

1. エアバッグ(ASIL-D)
2. インストルメントクラスタ(ASIL-B)
3. エンジンマネジメント(ASIL-C~D)
4. ヘッドライト(ASIL-B)

+

5. レーダークルーズコントロール (ASIL-C)
6. 電動パワーステアリング (ASIL-D)
7. ビジョンADAS (ASIL-B)
8. アクティブサスペンション (ASIL-B to C)

+

9. アンチロックブレーキ (ASIL-D)
10. ブレーキライト (ASIL-B)
11. リアビューカメラ (ASIL-B)

+

準拠する製品の設計と導入

先進運転支援システム(ADAS)の機能と完全自動運転車の進歩に伴い、必須条件であるASIL安全水準を達成し、システム障害を回避することに重点を置くソリューションに注目が集まっています。OEM、一次サプライヤー、およびコンポーネント開発会社のエコシステムは、複雑な自動車サプライチェーン全体にわたりISO 26262規格を採用しています。

マイクロンがISO 26262安全ソリューションを実現

ISO 26262の要件をお客様の製品ライフサイクルに含めることにより、所定のASIL水準への完全な準拠を実現します。革新的機能を含むマイクロンの安全性能最適化製品を選定することで、高い目標のFITレート/ASIL水準の達成に役立ちます。

安全性分析レポート

このレポートは、マイクロンの製品における故障モード影響診断解析(FMEDA)手順の結果を要約しています。安全アプリケーションメモに添付された補足資料です。

+

安全アプリケーションメモ

このメモには、品質管理製品の統合を促進するために、製品の使用事例、最高水準の安全要件、故障モード、安全な状態と制約、AoU(使用想定)などが含まれています。

+

ハードウェア評価レポート

マイクロンは、クラスIIIのハードウェアエレメントとして製品を評価し、ISO 26262-5への準拠を実証するための代替手段で顧客をサポートします。ハードウェア評価レポートの抜粋をダウンロードしてください。詳細なレポートは、秘密保持契約(NDA)に基づくリクエストにより提供可能です。

+
+